高い技術力を基に時代の変化に対応した製品とサービスを提供していきます。
株式会社工成舎

0116610181受け付け時間 8:30~17:30(平日)

お問い合わせ

FAQ

空調設備について

KQ-001空調設備って何ですか?
KA-001空気調和設備を略して、空調設備と呼びます。
建築設備の一部門として発達してきたもので、建物内の空気(室内の特定の場所)をそれぞれの使用目的に適した状態に調整する設備です。
昔から、冬期の暖房はよく行なわれていましたが、冷凍機やその他の設備の発達・普及および技術の進歩に伴ない、温度・湿度・気流の調整と空気の浄化に加え、総合的に調整できるようになりました。
このような調整設備を空気調和設備と呼びます。
その他、附随的に起きる問題として、設備機器から発生する騒音や振動を処理することも重要な事項となっています。
また、特殊な実験室等の場合には気圧の調整が必要となります。
KQ-002-01築5年の住宅です、セントラルヒーティングになっていますが、最近暖まらない部屋があるので、連絡したらエア抜きすればいいのではないかと言われやって見たのですが改善されません、何をしたら良いか教えて下さい。
KA-002-01住宅の場合、一般的には、ボイラが運転され、循環ポンプが運転され、補給水があれば、エア抜きをすることにより暖房されると思います。
次の手順で確認して下さい。
① ボイラが運転されているか。
② 循環ポンプが運転されているか。
③ 暖房機(パネルヒーター、ファンコンベクター、床暖房)は、どこが暖まらないか。
④ 補給水は接続され、所定の圧力があるか。
(住宅の場合、1kg/cm2・0.1Mpa以下です)
⑤ エア抜き状態を教えて下さい。
以上をご確認いただき、ご連絡下さい。
KQ-002-02住宅は、3階建です、3階部分が4部屋あり全て暖房が入りません、1・2階は暖房されています、ボイラとポンプは運転されている音がします。
補給水は何か分かりません、圧力計があり、0.03Mpaとなっています。
1,2階は、エア抜きを開けると水が出ます、3階は空気も水も出ません。
KA-002-02補給水が下記のような原因で循環していないと思われます。
① 補給水配管設備が無い。
② 補給水配管が目詰りしている。
確認する必要がありますので、近くの工事業者か、当社に再度ご連絡下さい。
KA-002-03*上記は、当社にご連絡いただき現地確認をしました。その結果、下記のことが判明し、処置をしました。
①、築1年位で暖房が効かなくなった部屋ができたため、工務店に連絡し、設備業者に来てもらい、暖房が効くようになった。設備業者から『今度からエア抜きして下さい』と言われ、エア抜きの方法を教えてもらい、暖房が効かないときはエア抜きをして凌いでいたが、昨年からエア抜きをしても暖房が入らなくなった。業者に連絡しても来てくれない状態であり、今回相談した。
②、1階部分のボイラ室を確認し、補給水が無いことが判明。
③、一時的にホース等で補給水を配管内に入れて運転し、お客様に引き渡していたために、エア抜きと、安全弁からの吐き出しにより配管内の圧力が低下し、3階の暖房が効かない状態となっていた。
④、処置としては、お客様に状態を説明し、根本的な改善としては補給水の装置や配管の設置が必要である旨説明した。
⑤、しかし、大掛かりな設置費用が必要になるため、現在の装置のまま、お客様には大変な手間ですが、暖房が効かない状態の場合、散水栓からホースで補給水口15A(銅管取り出しあり)に接続し、0.09Mpa以下として使っていただくこととした。
⑥、以上の処置のため、点検費用だけで済んだ。
KQ-003暖房の効きが悪いのは何故ですか。
KA-003

建物の暖房の効きが悪く、暖まらないと言う場合に考えなければならないことは・・・
当初からなのか、つい最近のことなのかにより、必要な処置が違ってきます。
当初からとすると、暖房の必要な場所に合った”設備(機器)”かどうかを判断する必要があります。”設備(機器)”とは、ストーブ、ファンコンベクター、パネルヒーターのことを言います。
その機器の能力が、暖房を必要とする場所に合っているかの判断が必要です。
一般的な暖房面積に合わせて機器の、検討・選定は、下記の表を参考にして下さい。

Kcal/hr・m2表示 Kw/hr・m2表示
木  造 187~232(平均200) 0.217~0.269(平均0.232)
コンクリート造 124~166(平均137) 0.144~0.193(平均0.159)

*上の表は、現在の高気密住宅やコンクリート造の建物では、100Kcalを下回ることが普通です。ゆえに、数値上満足しているのに寒い場合は、暖房機器以外の建物全体を含めた点検が必要と思われますので、工事業者に連絡する必要があると思われます。
現在、私共の業界では、設備の面から総合的に建物を点検できるよう技術を日々磨いていますので、遠慮なくご相談下さい。

KQ-0042階建ての住宅です、1階は良いのですが2階が暖まりません。
KA-004現地確認の結果、ボイラーは正常に運転されていましたが、建物規模に見合ったボイラーの能力ではありませんでした。
ボイラー及び循環ポンプが一体となった機器のため、放熱器の台数に比べ温水循環量が少ない状態でした。
また工事業者からは、放熱器のサーモバルブは全開とし、温度コントロールはボイラーの設定温度で調整し使用するように指導されていたため、温水が1階部分でのみ循環し、2階には少量しか廻っていかない状況でした。
改善提案として、室温の調整をサーモバルブによって適正温度とし、暖房の不要な部屋は温度を下げ、温水を必要な放熱器に循環されるような運転方法を提案しました。
今後様子を見て、ボイラー交換など必要になる場合があります。*KA-003の暖房能力表を参考に、ボイラー、温水循環ポンプ一体型の能力で大丈夫かどうかの検証が必要なのですが、業者の技術不足と誤った使用方法の指導により、長年に渡り必要のない苦労を掛けたように思い、同業者として大変申し訳なく思います・・・・今回の事例は、当社のホームページを見て問い合わせを頂きました。*その後確認したところ・・・長年の苦労が嘘のように改善されたとのお話です・・・・ちょっとしたことで改善する例は多いと思いますので、お気軽にお問合せ下さい。

*上記のように、色々お困りの点があると思います。ちょっとしたことで改善される場合が多くありますので、ささいなことでもメール・電話にてご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちらから(受け付け時間 9:00~18:00(平日))0116610181

PAGE TOP