空調・衛生設備工事・プラント機械の設計工事・マンション大規模修繕

お電話でのお問い合わせ

011-661-0181

施工事例

札幌市自閉症者専門施設新築衛生設備工事

建物外観:正面、側面から 撮影

建物外観:正面、側面から 撮影

2階機械室:給湯設備は、マイクロコージェネによる、排熱を利用する設備として います。 貯湯槽は、2000L*2基設置

2階機械室:給湯設備は、マイクロコージェネによる、排熱を利用する設備として います。 貯湯槽は、2000L*2基設置

1階ポンプ室 スプリンクラーポンプ(奥の赤色)、給水加圧ポンプユニット(手前)を設置し、万一の時の火災の備えとしています。  *スプリンクラー設備とは火災が発生した場合、天井部に設置したスプリンクラーヘッドが、自動的に火災を感知し、自動的に放水され、消火する設備です。

1階ポンプ室 スプリンクラーポンプ(奥の赤色)、給水加圧ポンプユニット(手前)を設置し、万一の時の火災の備えとしています。 *スプリンクラー設備とは火災が発生した場合、天井部に設置したスプリンクラーヘッドが、自動的に火災を感知し、自動的に放水され、消火する設備です。

1階昇温機械室 主に、浴槽の循環昇温とろ過器を設置しています。ろ過装置は、アクアクリーンシステムを採用しており、従来の塩素臭が大幅に低減され、易しい入浴が出来る設備となっています。

1階昇温機械室 主に、浴槽の循環昇温とろ過器を設置しています。ろ過装置は、アクアクリーンシステムを採用しており、従来の塩素臭が大幅に低減され、易しい入浴が出来る設備となっています。

厨房設備:120食程度の調理の出来る設備となっています。写真で見るように、非常に清潔な設備となっています。

厨房設備:120食程度の調理の出来る設備となっています。写真で見るように、非常に清潔な設備となっています。

浴室 入浴者、介護者に易しい設備となっています。塩素臭が大幅に低減されていますので目、鼻に刺激がない設備となっています。

浴室 入浴者、介護者に易しい設備となっています。塩素臭が大幅に低減されていますので目、鼻に刺激がない設備となっています。

身障者便所 車椅子による、使用を考えて設備しています。更に、掃除等し易いように考慮されています。

身障者便所 車椅子による、使用を考えて設備しています。更に、掃除等し易いように考慮されています。

工事概要

この施設は、札幌市の障害者保健福祉計画に基づいて、自閉症の方が自立した生活を送れるように支援する為の拠点施設として計画されました。
ユニットケアを基本とした、更正施設、ディサービスセンター、地域交流スペース、自閉症者支援施設等で構成されています。
当企業体は、衛生設備工事(給排水設備・給湯・消火・ガス・厨房・衛生器具)を施工させて頂きました。

工事場所

札幌市東区東雁来町206-1,207,208-3

設計・監理

(株)横河建築設計事務所

工期

2004年10月8日~2005年9月28日

発注者

札幌市

その他

工事規模:延べ床面積:3091m2 鉄骨造 地上2階建て